G-SHOCK GRAVITYMASTER GA-1000-1AJF(オレンジ) 電池交換 - 趣味
fc2ブログ

NAHKI Blog

昭和40年代B型オヤジ★気まぐれ徒然事情

G-SHOCK GRAVITYMASTER GA-1000-1AJF(オレンジ) 電池交換

P_20210903_212205_2.jpg
私の所有するG-SHOCK GRAVITYMASTER GA-1000-1AJF(オレンジ)が、突然電池切れとなりましたorz
今回は、電波ソーラーの二次電池交換ではないので、楽ちんだと高をくくってたのが…
えらいこっちゃに

G-SHOCKのクォーツ時計電池交換となると、数年前にお店に行って聞いても…
「うちでは直せないので、カシオに郵送してください!」
「一週間かかって、3000円くらいになります。」

と分かっているので、早速、密林にて電池の型番を調べてポチリ!

時計のボタン電池って、本当に多くの型番があり、調べるだけでも四苦八苦!
昭和の時代だったら…無理な話なわけで、現代のネット時代においては、自分でも直せてしまいます。

P_20210903_212714_2.jpg
SR927Wをポチること中二日で、封筒で郵便ポストに届いていたのが、花金の帰宅時。
GA-1000では、ボタン電池を2個使用
紛らわしいのが、「SR927WS」とういのがあって、“S”が付いているだけで合わないから、いかに難関を退けるかが…G-SHOCK時計交換における注意するところです!



さあここからが本番です!
ここからは、自己責任でお願いします。

20210905145212985.jpg

四つのねじを精密ドライバーで外し裏ブタを外します。
パッキンの確認をして、緩いようでしたら交換をお勧めします。
パッキンが緩いと防水効果がなくなってしまいます。
ばねやうち蓋ゴムをはがして…

P_20210903_215103_2.jpg
この電池を押さえている銀の金具部分をピンセットや精密マイナスドライバーの先端を使って、ウニっと持ち上げます。
これが大変難しく、コツを掴むまで地味に大変でした。
個人的には、電波ソーラーの二次電池のほうが圧倒的に楽ちん!

P_20210904_094253_2.jpg
絶対にこんなことは、してはいけません!
無機ガラスの内側の掃除をしたかったので、ちょっと遊んでみました。

P_20210903_221106_2.jpg
G-SHOCK GRAVITYMASTER GA-1000-1AJF(オレンジ)の先に見えるのは、アメリカの星条旗(特に意味は無しww)

P_20210904_094651_2.jpg
さらにシールにかかれているように”バッテリーを交換した後にACとマイナスをショート”させます。(ピンセットの先などで同時に触れればOK)

そのあとに、裏蓋をつけてなんとか電池交換を終えたが…
ここからが本番です。

取扱説明書番号 5302(GRAVITYMASTER GA-1000-1AJF/2013年2月発売)
この後は、G-SHOCKの私がとんでもなく苦手分野である時刻合わせになるので、説明書をダウンロードしておくとよろしいかと思います。
P19~P22→時刻合わせ
P46→針補正

が特に重要なページです。

★時刻合わせ
GA-1000-説明
【ADJUSTボタン】
現在表示されているモードについて設定を変更できる状態にするボタンです。
時刻合わせを開始するときは、ADJUSTボタンを長押しします。
時刻合わせが終わったらADJUSTボタンを押すと終了します。

【MODEボタン】
その名の通り、ストップウォッチやアラームなど、モードを切り替えるときに操作するボタンです。
時刻合わせの際は、次の設定に移るときに押すことになります。
慣れないうちは気づかない間にモードボタンを押してモードが変更されてしまっていることもあるので、
突然液晶画面が見慣れない表示になったときは、モードボタンを押して表示されているモードを確認してみて下さい。

【LIGHTボタン】
各種設定を行う際、ボタンを一回押すと項目や数字を一つ後ろに戻すことができるボタンです。
時刻合わせ中以外は、このボタンを押すとバックライトが点灯するようになります。
(LIGHTボタンがついてない機種だとこの仕様が一般的です。)

【SEARCHボタン】
各種設定を行う際、ボタンを一回押すと項目や数字を一つ前に進めることができるボタンです。
時刻表示モードでは、このボタンを押すと日付表示・時刻表示の切り替えができますよ。
ストップウォッチモードでは、このボタンがスタート・ストップの役割を担っています。
通常時は、温度計表示になります。

以上がボタンの基本操作になります。

P_20210904_120104_2.jpg
1.液晶が時刻表示のモードになっているか確認
まずは液晶画面が時刻表示になっているか確認してください。
右側の液晶画面のところが曜日(アルファベット3文字が表記されている)になっていればOKです👌
例:日曜日=SUNなど

2.都市コードを「TYO」にする
左上のADJUSTボタン約3秒間長押しし、ピッと電子音がなったら右側の液晶画面のホームタイム都市が表示され、ホームタイム都市部分が点滅します。
すると、最初に都市コードが表示されるので、「TYO(=東京)」になっていることを確認し、左下のMODEボタンを押します。
※TYO以外になっているときは、右下のFORWARDボタンか右上のREVERSEボタンを押して「TYO」を選択し、左下のMODEボタンを押します。

3.サマータイム(DST)をOFFにする
「サマータイム(DST)の設定が表示されますので、「OFF」になっていることを確認し、左下のMODEボタンを押します。

4.24時間表示の設定
24時間表示の設定が表示されますので、お好みで「12H(AM、PMの12時間表示)」か「24H(24時間表示)」を選択し、左下のMODEボタンを押します。

5.現在時刻に修正
基本的な操作の流れを覚えてしまえば案外かんたん!
点滅している項目が修正できる項目なので、LIGHT/SEARCHボタンを操作して現在の時刻に設定しましょう。

ボタン確認
設定が終わってMODEボタンを押すと点滅する箇所(修正できる項目)が変わるので、また同じようにLIGHT/SEARCHボタンを操作して設定。

この繰り返しとなります!

設定項目は、秒→時→分→年→月→日と移動しますので、どんどん修正していきましょう✨

全項目が修正できたら左上のADJUSTボタンを押します。
点滅が止まると同時に、アナログの針も移動を始め、時刻修正が完了します。

今回の作業は、本当に大変でした。
これは時計屋さん言うように…専門家でもなければ、時計を壊しかねてしまいそうで、かなりリスキーな修理でした。
私のように趣味や自己責任・どうしてもお金が無いなどの理由が無ければ、あまりお薦めはできません。

今後ともG-SHOCK★LIFEを楽しんでいきます!




★LINEスタンプ販売しました❣️
少しでも興味がありましたらのぞいてみてくださいませ(╹◡╹)

怪しい昭和★タンクトップ親父(第一弾) 2017.11.19~

(↑クリック!!)

猫アザラシ(第二弾) 2018.8.11~

(↑クリック!!)


★ここまで読んでいただきありがとうございます!
数あるブログの中から…「NAHKI Blog」に遊びに来ていただき感謝
貴方の日常の貴重な時間をいただき感激

Twitter   Twitter follow us in feedly
Twitter & Instagramもやっています!
更に繋がりたい方はこちらへフォローをお願いいたします。


↓ブログランキングに参加しています。
「シャキーーーン」と一日一回ワンクリックしていただき
応援していただくと雨アラレです!

『ケンタウロスの健太くん』
『ポチッとな!』と
押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment