NAHKI Blog

昭和40年代B型オヤジ★気まぐれ徒然事情

新潟プリウスα道中記★ご先祖様に会いに行く! ~祖の伍~ 雲洞庵

朝7時くらいに起き、話し好きのオーナーのおっちゃんと30分くらい話していて…
私が行こうとすると、椅子を出してきたので、返してくれないのですが、これもまた「ご縁」
旅の話をしたり、いろいろと新潟県の地元情報をGETすることができました。
「冬になったら、また、スキーに来てね!!」と言われましたが…
スキーは学生時代にお腹一杯になり卒業したので………
(そもそも、道具を使うスポーツをあまり好まない性質なんです)


出発して宿からほど近い宿場町「塩沢宿」を立ち寄ります。
蔵造りといえば、勤め先のある「川越」を思い出します。
まだ、朝早かったのでお店は一軒も開いてないどころか、人気がありませんでした(汗)


独り占めできて得した気分になりましたが、さっさと写真撮影と塩沢の空気感を味わって、次の目的地に向かいます!!

★塩沢宿




セブンイレブンで、おにぎり100円セールをやっていたので、ご当地おにぎり★茶豆ごはんをGET!
心なしか、やはり新潟の米はシャリシャリしてて、ふわっと口の中で広がります。


新潟県南魚沼市の田んぼ風景を進んでいきます。
新潟ならではの山里風景は心癒されます。

目的の場所!
雲洞庵に到着しました。

●雲洞庵 9時26分 323.4km

雲洞庵は、上杉景勝公直江兼続公がともに勉強したところになります。
大河ドラマで、人気があるのか駐車場は半分くらいうまっていました。


今から千三百年前の奈良時代に創建され、昔から越後の国では

「雲洞庵の土踏んだか」
といわれ、篤く信仰されていました。


関東菅領の上杉家の菩提寺として開設され、戦国時代では越後の江戸時代では魚沼三郡の僧侶の統括所であり、曹洞宗の厳しい修行道場として知られ、多数の修行者信者が来集したことによります。


赤門の参道には法華経が一字一石にしるし深く埋められ、踏みしめてお参りすると、罪業消滅・万福多幸のご利益にあずかると信仰されています。


●大方丈
天井を見ると、柱が天井まで突き出ていません、白壁で天井が浮き出るように造られています。
この様式が書院造の最高宝になるのです。
越後の国では、雲洞庵にしかなく、最高寺格を表しています。
禅宗の「心のゆとり」を表現しています!


景勝(十歳)・与六兼続(五歳)で論語に義の精神を学びその厳しい指導によってふたりが生涯、英雄として天下に名をとどろかせた基礎は、この部屋で培われました。


「君子(立派な人)は義に喩り、
 小人(徳のない人)は利に喩る」



兼続は特にこの教えを重んじ人格を練り、私利私欲を捨てて景勝に仕え義を重んじ民を愛し、優れた業績を残して慕われています。

越後の国の空気を吸いながら、研ぎ澄まされた空間の中で…
「旅の移動=精神の移動」
を五感で感じ、私自身の歴史に刻まれていきます!!


★金城山 雲洞庵(←URLリンク)



御朱印をいただいてきました。




●新潟プリウスα道中記★ご先祖様に会いに行く!
~序 章~ 旅の狭間に…
~祖の壱~ 道の駅みつまた
~祖の弐~ 西福寺開山堂
~祖の参~ 弘誓寺
~祖の肆~ 銀山湖
~祖の伍~ 雲洞庵


★ここまで読んでいただきありがとうございます!
数あるブログの中から…「NAHKI Blog」に遊びに来ていただき感謝
貴方の日常の貴重な時間をいただき感激


↓ブログランキングに参加しています。
「シャキーーーン」と一日一回ワンクリックしていただき
応援していただくと雨アラレです!

『ケンタウロスの健太くん』
『ポチッとな!』と
押していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

follow us in feedly


スポンサーサイト

2 Comments

Tory  

いい旅してますね。

こんばんは。
以前は三国街道も塩沢もよく行きましたが記憶が・・・(^_^;)
宿場町でもどれもピカピカで新しい感じがありますね。
これは再現した昔風の建物でしょうか・・・

雲洞庵。古いんでしょうが・・・
緑が神々しくて風情がすばらしいですね〜
ひっそりした感じと空気感が気を洗うような感じで
散策してみたくなります。
単に見て回るだけでなく精神的にも心づく・・・
「旅の移動=精神の移動」なるほどですね。

2017/09/04 (Mon) 19:11 | EDIT | REPLY |   

NAHKI  

To Toryさん

コメントありがとうございます。
塩沢宿は、観光用にどれも最近建設されたものばかりだったので、私も直ぐに立ち去ってしまいました。
雲洞庵は緑が越後の国風味で、ここでしか感じられない緑でした!!
精神も浄化されたように思います!!
ここで上杉景勝と直江兼続が勉強してたと聞いて、歴史の糸を手繰り寄せて萌え萌えしました(笑)
40代になってから、内なる自分の心と風景を同調させながら旅をするようになりました。

2017/09/04 (Mon) 19:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment