NAHKI Blog

昭和40年代B型オヤジ★気まぐれ徒然事情

さいたま緑の森博物館 2017.2.26



親子ハイクに行ってきました。
車で1時間ほどの狭山丘陵地にある「さいたま緑の森博物館」を起点として、約2時間ほどの軽ハイキング。



ここ、埼玉県狭山丘陵地はスタジオジブリが近くにあり、「トトロの森」活動と称して、丘陵の保全、緑や生き物のふれあいの場を残そうという声が高まり、里山の景観そのものを野外展示物とするというコンセプトのもとに作られたのが、この博物館です。



コストコ・三井アウトレットパークに沿っている国道16号線「宮寺」交差点を左折して10分ほど車で走ると、それまでの街の景観とは変わり、自然度は驚くほど高く、雑木林・湿地・水田・茶畑と変化に富みます。











歩きごたえのある低山ハイクの満足感を味わうことができます。



住宅地の多い埼玉県での生活のすぐ隣に豊かな自然があることを教えてくれる狭山丘陵の里山です。



この日(2017.2.26)に圏央道が全線開通(茅ヶ崎~成田)したこともあり、一度足を運ばれてみてはどうでしょうか。
小さなお子さんがいる軽ハイキングにはうってつけの場所だと思います。



画像出典:NEXCO東日本



清潔感のあるトイレとあづまやもあります。しばし、ここでの休憩です。


自然そのものを見立てたフィールドミュージアムです。



植物や昆虫、野鳥などたくさんのいきものが暮らしているので、発見する楽しみがあります。


娘にはじめて、「蛙の卵」をみせることができました。
こういう時のあどけない子どもの笑顔は、とても嬉しいものです。


西久保湿地・田んぼなど、かつての武蔵野の風景が広がります。
広大なので一度では回り切れないので、リピーターとしてまた訪れてみたい低ハイキングスポットでございます。


帰りの坂道での木の葉の絨毯はとてもフカフカしていました。
五感で自然を感じ、季節の移り変わりの節目に貴重な体験を親子で感じることができ、新しい思い出がまた増えました。
子どもの体力増強にも、私のダイエットにもとても良かったのかもしれません。


しかし、このハイキングコースは…
疑問が残るところがあります。
整備された登山道(砂利道・ダート)は、自転車・バイクが猛スピードで、走ってくるのです。
私もバイクでダートを走るのが好きなので、走ってはみたいし、気持ちは分かるものの急カーブは視覚となり、大きな事故に繋がりかねません。
その辺は、もう少し考慮してもらいたいと強く感じました。

この近くに住む友人からの情報で、西城秀樹の畑があるそうです(笑)


★さいたま緑の森博物館(←サイトにリンクしています。)




★ここまで読んでいただきありがとうございます!
数あるブログの中から…「NAHKI Blog」に遊びに来ていただき感謝
貴方の日常の貴重な時間をいただき感激

↓ブログランキングに参加しています。
「シャキーーーン」と一日一回ワンクリックしていただき
応援していただくと雨アラレです!

『ケンタウロスの健太くん』
『ポチッとな!』と
押していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

follow us in feedly

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment