NAHKI Blog

昭和40年代B型オヤジ★気まぐれ徒然事情

黒子のバスケ

漫画・アニメ「黒子のバスケ」にはまっています!!


私の世代だと、「スラムダンク」が鉄板なので、何回も読み返しては、その影響でバスケをやりたくなり、学生時代は、水泳部なのに、社会人になってから「草バスケチーム」を作ったこともあり、体育館を借りて仕事終わりに、仲間とバスケットに明けくれていた時代もありました。


恥ずかしながら、当時(20代前半)の頃に模写したものです。


井上雄彦先生の仕事に、係わったこともあって、生原稿を見たときには鳥肌が立ちました!!
流川も私の模写で…到底井上先生には追い付かないです(笑)。


それはさておき…ここからが本題です。
バスケットを題材としたものでは、「黒子のバスケ」が私の中に輝ける作品となりました。
それは、全巻を読み終えて…熱血少年漫画とは変わらないのですが、詩的なものを感じ、私の精神世界に相通じるものがあるのです!

黒子のバスケ コミック 全30巻完結セット (ジャンプコミックス)
藤巻 忠俊
集英社
売り上げランキング: 3,601


「光と影」が全体的なテーマとなっていて、
切り口の視点が、今までにはないスポ魂漫画ストーリーとなって、構成が凄くしっかりしているのです。


【あらすじ】
バスケットにおいて、体格にも才能にも恵まれない黒子テツヤはかつて、全中三連覇を成し遂げた「キセキの世代」5人率いる帝光中学に所属していた。

「キセキの世代」とは、10年に一人の逸材が、帝光バスケ部に天才5人が揃ってしまったのだが…
天才であるが故の「彼らの苦悩」も描かれている。

黒子テツヤは努力に努力を重ねて…「ミスディレクション」(相手に自分の気配を感じさせない)という技術を身に着けて「幻の6人目(シックスマン)」として、帝光中学バスケット部のレギュラーとなり、「キセキの世代」5人に一目を置かれるようになる。

そして、物語始めは、高校入学式から始まる。
誠凛高校バスケ部に超影の薄い1年生、黒子テツヤが入部した。
運動能力は平均以下だが、その影の薄さゆえに、相手に気づかれないようにパスを回すことができる...
彼こそが、帝光中の「幻の6人目(シックスマン)」だった!
さらに、誠凛バスケ部は火神大我という超大型新人を獲得する。
「影」としての能力を持つ黒子にとって、
天賦の才と高いポテンシャルを備えた火神は「光」となる存在となる。
互いの力に支えられながら、ふたりは「キセキの世代」というライバルに挑んでゆく!


黒子のバスケ ウインターカップ総集編 ~扉の向こう~ [DVD]
バンダイビジュアル (2016-12-22)
売り上げランキング: 2,099


主人公がエースではなく、あくまでも「光」に対極して存在する「影」として、お互いの影響力を行使しあいながらのストーリー展開の切り口に新鮮さを感じます。
それはまるで、「レンブラント」の「光と影」と似ているところもあり、
私自身の「光と影」とやらを、心の棚卸としての担い手となった作品です

また、アニメ版では、個人的に贔屓している声優さん「神谷浩史」さんも赤司征十郎役として出演しています。
アニメ版は現在(2017年1月)、テレ玉(テレビ埼玉)で放映されているので、毎週楽しみにしています。

週刊少年ジャンプに連載していたスポ魂漫画ですが…
全巻を読み終えてみると「始まりと終わり」とが一本の太い糸で繋がり、深く掘り下げてみると更にハマってしまいます。
「キセキの世代」の天才であるが故の苦悩も「黒子テツヤ」が、試合をすることにより解決していき…
「スッとした」気持ちがこみあげてきました。


黒子のバスケ FAN DISC ~これから何度でも~ [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2017-01-27)
売り上げランキング: 59



例え地味であっても…努力により、自分の強みを活かしていければいいのだと教えてくれました。
それは、多くの読み手に共通して感じることができるのだと思います。

私自身の系譜と辿ってみても…
「過去の栄光」なんてものがあったのか?
分かりませんが…
「影の時代」があるのなら、「光の時代」もあるのだろうと自身に言い聞かせながら、
慎ましやかな人生を歩んでいきたいと思いました。

何よりも…
精神の内なるものとしての「影」を支えにしながら、
「個性」という「光」との共生を大事にしていきます!!



★「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」
2017年3月18日に公開されます。
その後の話になるので、とても気になる映画であります。


仕事帰りに見る夕焼け富士山。


↓ブログランキングに参加しています。
「シャキーーーン」と一日一回ワンクリックしていただき
応援していただくと雨アラレです!

『ケンタウロスの健太くん』
『ポチッとな!』と
押していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

follow us in feedly

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment